にじの森保育園

にじの森保育園は、待機児童が深刻化する中で、政府の国家戦略特区制度を利用した都市公園内の保育所として国から認定された全国初の保育園です。待機児童の主な原因には保育園不足があるといわれており、用地が不足にしていることで保育園を建てるためのスペースが少ないといった事情などがあるといわれています。

近年、子どもたちの声が気になるといった声などもあります。新たに保育所施設を設けることが難しくなっている中、公園という広い敷地に注目して、その公園の中に保育園をつくるという東京都の試みはとても斬新なものといえます。

つまり、東京都荒川区のにじの森保育園の誕生は、政府の国家戦略特区制度を活用して提案された注目の待機児童対策ともいえるのです。4月1日に行われたにじの森保育園開所式には、小池百合子都知事をはじめ、松本洋平・内閣府副大臣の姿などもありました。

開所式で行われた小池都知事の挨拶では、発想の転換をすることで、場所探しに時間を費やすよりももっと効果的な取り組みを行うことができたのも一つの成果であるといったお話しなどもありました。

そして、今回の保育所建設の取り組みを契機に、今後もこうした最先端ともいえるニュータイプ保育園の設置から待機児童対策解消を考えていきたいというコメントなどもありました。にじの森保育園の園内の印象はとてもカラフルです。1600平方メートルを超える敷地に平屋建ての施設の屋上があります。

屋上の広場への虹色の階段は部屋ごとに異なる色に塗り分けられています。また、個室のドアの色や子ども用のトイレの中の色もとても明るくカラフルです。にじの森保育園は公園内に作られた保育園ということからも、地域への配慮も行われています。

例えば、広場は一般開放され、人工芝生で覆われている屋上広場は団体予約をすると地域の人々も利用できるようになっています。さらに、1階は子育てをしている人々や親子向けの子育て交流サロンなども設けられ、保育士から保育について助言も受けることもできます。

にじの森保育園は広い公園内にあるため、騒音については問題はないといわれています。しかし、公園内の開放性の高さやガラス張り構造、公園内の駐車スペース近くでの安全性など、公園内の保育園ゆえの課題もあるといわれています。

待機児童が深刻化する中で、都市公園内保育所としてのにじの森保育園の役割には、これからもますます多くの注目が集まっていくでしょう。