ハッピーマムに通っている保護者の声について

子どもには毎日楽しく過ごしてほしいと思いますよね。
ですから通わせる保育園も注意して選びたいですし、保護者は様々な事柄についてもしっかりと考える必要があります。
通わせる保育施設次第で、ある意味では子どもの将来が変わるといっても過言ではありませんからね。
昔はただ単に保育をするだけの施設も多数ありました。というよりも、今現在もそういったところが圧倒的に多いかと思います。
しかし最近はそれ以外の要素も求められ始めていることをご存じでしょうか?

東京都の認可、認証保育所のハッピーマムでは、教育的要素をふんだんに導入していて、English Classも設けられています。
今は英語が重視される時代ですから子どもに積極的に英語教育を施したいと思うかもしれませんが、自宅で保護者が英語を教えるのは簡単なことではありません。
リスニング能力を高めたり、英語を大好きにさせたり、語彙力を高めたりなど、あらゆるアプローチ方法によって英語に親しませることで、本格的に学校で英語を学ぶ前にある程度英語とかかわりを持っておくことは、アドバンテージもなると思います。

こういった魅力あふれる保育園ですが、実際に通わせている子どもの保護者の意見も聞いてみることが大切です。

保護者の声を総合してみますと、「子どもを中心に考えた保育が為されている」というものをよく見かけます。
これは保育園選びをする上でもっとも重要な意味を持つ要素なので注目したいです。

他には「通常の保育園にはないカリキュラムがあるので嬉しい」という声もあります。
保育施設は多々ありますが、そのほとんどが独自性溢れる特徴を兼ね備えていません。
小さいうちから様々なことに挑戦させるのは良いことですから、カリキュラム目的でハッピーマムに通させる保護者も多いのでしょう。

そして「個性を大事にしてくれそう」という意見もたくさんありましたね。
日本は個性を嫌い、海外は個性を認める、とよく言いますが、ハッピーマムはどちらかというと海外よりの保育園だといえそうです。
もともと日本にあったような典型的な保育施設も良いのですが、最近はハッピーマムのように様々な要素を組み合わせたところが注目を集めています。

保護者の声を見ていると、満足している人ばかりですし、本当に子どもが楽しそうに通っているのが分かります。
保育施設選びの際には保護者の意見を重要視すべきですが、ハッピーマムは安心できそうですね。