コミュニケーションラウンジについて

ハイブリッドマムは保育施設としては革新的な存在で、急速に注目されつつあります。
まだ東京都内に1か所しかありませんし、定員も40人ですから、なかなか簡単に入園させられないでしょうが、ハイブリッドマムが全国展開したらきっと大勢の人が殺到するでしょう。
ちなみに同じ系列にハッピーマムがありますが、こちらは東京23区内に複数展開しています。

ハイブリッドマムの特徴はいろいろあるのですが、中でもコミュニケーションラウンジは忘れてはいけません。
プリスクールナーサリーの中にこういったスペースが設置されているケースは非常に珍しいと思いますし、ここであれば小さな子どもがいたとしても仕事ができます。
今まで日本の保育界に存在しえなかったようなスタイルでしょうし、話題になっています。

保育園の中にあるスペースを使って仕事などに励めるのは嬉しいです。
もちろん仕事だけではなくて、資格取得のための勉強などにも励むことができ、子育て期間中に自分自身を成長させることができます。

もちろんここまで利便性の高いコミュニケーションラウンジですから、利用料金はかかってきます。
しかしその値段は劇的に安く、1ヶ月2万円で利用することができます。
最近はパソコンさえあれば仕事ができる…という働き方もありますが、まさにコミュニケーションラウンジであればそういった働き方が可能になります。
必要な時には授乳することができ、常に近いところに自分の子どもがいるというのはありがたいことです。

コミュニケーションラウンジメンバーになっていると利用特典が複数与えられて、例えばドリンクを無料で飲むことができる、無線LANの利用ができるというものもあります。
ネットを駆使した仕事をする場合には無線LANは必要不可欠なので助かりますね。
他にも仕事まで紹介してもらうことができ、まさに至れり尽くせりといった状況ですね。

また各種費用が無料になったりする特典も設定されており、かなりコストパフォーマンスに優れているといえますよね。
オシャレで快適な空間で仕事に打ち込むこともできますし、様々なことがコミュニケーションラウンジでは可能になるでしょう。

ハッピーマムにはこのようなコミュニケーションラウンジはないみたいですが、働く保護者が子どもを預けやすい工夫はしっかりと採られています。

ハイブリッドマムやハッピーマムのような保育施設が、近い将来主流になるかもしれませんね。