ミライLABOについて

ミライLABOは渋谷神宮前にある託児、保育所です。

子どもが生まれたときはずっとこのまま一緒にいたいと思ってしまうのが当然なのですが、仕事を始めるママさんにとってそれは難しい話です。
子どもの成長を促すためにも小さいうちに社会に出ていくことは子どもにとってもとても大きな意味を持つと思います。
そんな時に考えてしまうは、やはり「どの保育所に預ければよいか」という点です。

ミライLABOには他の託児所や保育所とは違う、独自の教育理念があります。
保育所はただ子どもが親と離れて過ごす場所というものではなく、その保育所で過ごすことで子どもの可能性を最大限引き出してあげるものだととらえています。
そしてその可能性を引き出すためにミライLABOが約束事として掲げているテーマを紹介したいと思います。

まずは少人数での保育環境である点です。
ミライLABOでは子どもの脳科学や心理カウンセリングについてもとことん働きかけています。
そのため一人の保育士に対する子どもの数を制限しています。
ひとりひとりの可能性をより効率的に発揮させてあげられる環境づくりの一環となっています。

またLABOは英語でLABORATIRYの略ですが、日本語訳すると実験や研究という意味になります。
その名の通り未来への研究という意味を持つミライLABOはひとりひとりの子どもを徹底的に研究して追求していきます。
一般的には当たり前のことでも、見る角度を変えれば決して100%ではないときもあります。
何が正しい、良くないという判断も育つ環境によって見方が大きく変わってくるものです。
何かを否定することではなく、全てを肯定できる見方ができるような広い心と想像力も養える保育所だと思います。

また同じく子どもの可能性を最大限引き出してくれる保育所として紹介したいのがハッピーマムです。
こちらはフランチャイズの保育園として多くの子どもやその両親に愛され活躍している保育所です。

ハッピーマムの教育方針は「笑顔」です。
そこで毎日を過ごす子どもたちはもちろん、その子どもの笑顔を見ればどんなに疲れているお父さんやお母さんもきっと笑顔になれます。
そしてそんな家族を見ていることで保育士自身も笑顔になることができ、笑顔の連鎖はどんどん広がっていきます。
思い切り遊び、思い切り学ぶハッピーマムでの毎日は、自宅にいればもしかすると発揮できなかったかもしれない子どもの才能を導き出してくれます。
子どもの成長に合わせて独自のカリキュラムを組んでいるので、保育所というよりも体験型の学習教室のような感覚で過ごすことができます。

保育所探しで悩んでいる人は、ぜひ一度ホームページをご覧ください。